MENU

子どもの視力を回復するトレーニング方法

子どもの視力を回復するためのトレーニングには、緊張して固まった目の筋肉をほぐすためのアイストレッチや、目のピントを合わせる機能を回復させるための遠近トレーニングなどがあります。
視力が落ちたのは遺伝だから仕方がない、とあきらめずに、このようなトレーニングを行うことで子どもの視力は回復することが可能です。

 

当サイトでは、実績のあるトレーニング方法を厳選してランキングにしました。
子どもの視力回復は1日でも早い方がいいんです。視力が落ちたなと感じたらとにかく始めて見てください。

 

視力回復トレーニング オススメランキング

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

アイ・トレーニング 視快研小牧店の指導方法をマニュアル化した、実績のある視力回復方法です。
トレーニングフォローも万全で、返金保証もあり。
田中謹也氏本人が責任をもってサポートしてくれるので安心。
10年間実店舗で効果を上げているトレーニングです。

価格 サポート 返金保証
15.800円

・トレーニングフォローメルマガ
・3ヶ月無料メールサポート

あり

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

目のフィットネスクラブ 『 アイトレーニング視快研 』 の出口氏が自らサポートしてくれる視力アップマニュアル。実店舗で効果があったトレーニング方法がマニュアルとなったので効果は保証済み。
1日10分間のトレーニングで、90日以内に 視力が回復した人は3万人以上!
有名なプロスポーツ選手も取り入れ、テレビでも紹介されたトレーニングです。

価格 サポート 返金保証
19.800円

・3年間無料相談保証
・サポート延長保証
・家族サポート保証
・電話レスキュー保証

180日間

視力回復「福辻式」

東洋医学の現場から誕生した、まったく新しい視力回復法。
アスカ鍼灸治療院の院長、福辻氏が東洋医学の観点から考えた視力回復方法は、目の周辺の筋肉を柔軟にすること。他の視力回復方法とはまったく違う、新しい回復方法をぜひ試してみたい方にオススメです。
テレビでも多数紹介され、日本の名医50人に選ばれた院長の新しい視力回復方法をぜひお試しください。

価格 サポート 返金保証
14.800円

なし

1年間

視力回復3ポイント! 視力回復アドバンスメソッド

ホリスティックの観点から独自にまとめた画期的な視力回復法。身体全体のバランスを整えることで視力を回復していきます。子どもにも大人にも、高齢でも効果がある視力回復方法です。
ステップにあわせてメソッドを進めるだけで誰でも簡単に、視力回復に取り組めます。

価格 サポート 返金保証
19,800円

90日間メールサポート

90日間

 

子どもが気に入るものを!子どもの視力回復トレーニング選び

子どもはすぐに飽きてしまうもの。特にそれが勉強や興味のないものだと、最初の2〜3日は頑張ってくれても、後が続かないのは仕方がないことです。
子どもにとって、視力回復トレーニングが「遊び」になれば、毎日少しの時間でも真剣に取り組んでくれるので安心。
最近の視力回復トレーニングは、このように子どもが飽きないための工夫が施されているものが多いんです。

 

視力回復トレーニングは、1日10分〜15分程度。子どもが飽きないギリギリの時間ですね。
子どもの視力を回復するためには、この1日15分程度を3ヶ月ほど毎日継続するのが重要
いかに毎日継続することができるか?というのをポイントにしてトレーニング教材を選んでください。

 

  • 飽きなくて楽しい教材
  • 親と一緒に楽しめる
  • 痛みや辛さがない

 

ポイントは、親と一緒に楽しめる教材であること。
一人でやるのではなく、お母さんやお父さんが一緒にいてくれれば継続しやすいですよね。
トレーニング内容を比較しながら、子どもと一緒にどれにするか決めれば、子どもも興味を持って取り組んでくれるでしょう。

 

子どもの視力が低下する理由

子どもの周りには視力を低下する環境がたくさん。しかも、子どもたちはそれらが大好きです。

  • テレビゲーム
  • マンガ
  • 大型テレビ
  • パソコン

ブルーライトが問題になる中、子どもの生活の周りにもこれだけたくさんの視力を低下させるものであふれています。
全てダメ!というのはさすがに今の時代、難しいところがありますよね。

 

このような目を悪くする環境と上手に付き合う方法は、「凝視しすぎないこと」
つまり、長時間使用しないということなんです。

 

子どもの集中力は大人以上にすごいもの。ほおっておけば何時間でも続けてしまうのが子ども。
親がきちんと管理して、今日は少し使いすぎてるな、と思ったら辞めさせる。
また、これ以外のものに興味を持たせることで離れさせる。
上手に子どもから視力が低下する環境を引き離すことも大切なんです。

 

視力回復トレーニングが、そのひとつになるようにするのも子どもの視力を守るポイントですね。

 

子どもの視力低下のサイン

子どもの視力がいつのまにか低下してる・・・学校の検診で知る人も多いと思います。
子どもの視力低下のサインを親がすばやく見つけることで、早めに視力回復トレーニングを始めることができるので、少しのサインを見逃さないようにしましょう。

・遠くを見るとき目を細めて見る
・ノートや本と目の距離が近い
・目をこすったりまばたきが多い

このようなしぐさがサインになりますので、少しでも気になったらまずは眼科に行って検診を受けてみてください。
視力低下の原因はもしかすると目の病気かもしれませんので、視力回復トレーニングを行う前に一度は必ず眼科にかかるようにしましょう。

 

学校の検診は1年に1度。学校検眼で視力低下に気づいたときにはもう既にかなりの時間が経っている可能性があります。
気づいたらすぐに眼科で検診をし、視力回復トレーニングを始めれば視力が回復する可能性もアップします。

 

子どもの視力回復は何歳まで可能なのか?手遅れになることは?

子どもの視力は低下してからまだ時間があまりたっていませんよね。
大人の視力低下の期間に比べれば、まだまだそんなに時間がたっていないんです。
すぐに始めれば、回復する可能性はかなり高くなります。

 

視力回復トレーニングでは、子どもだけでなく大人の視力回復トレーニングにも利用できるとの記載があるものがあります。
基本的に、視力回復トレーニングはどれも子どもだけのものではないんです。
スポーツ選手にも取り入れられており、いくつになっても視力低下の期間が短ければ短いほど、効果はアップします。

 

「もう手遅れなんじゃないか」ではなく、「今すぐトレーニングすれば間に合う」と思って頑張ってください。
何もしなければ悪くなる一方です。生活環境を変えたり、目のトレーニングをすることで子どもの視力はどんどん回復します。